合気道とは

 合気道とは相手や場を合気をもって制することを目的とする武道です。

 本庄合気会の日々の稽古では、自分自身をコントロールし『平常心を保つ』ためのの鍛錬と相手をコントロールする『合気と呼吸力』を用いたの鍛錬を中心におこなっています。この鍛錬を重ねることによって、結果的にそれらを支えるを鍛えることができます。

 合気道では「試合」をおこないません。その理由は、合気道同士での争いは成立しないからです。また一定のルールにおいて闘うような状況ではなく、ルール無用の状況を常に想定している武道であるからです。しかしながら、十分に熟達してくれば稽古の一形態として何でもありの状況下で襲って来る相手を想定して練習することはあります。

 合気道の技の中には危険な技や痛みを伴う技も当然あります。未熟なうちに感情に任せてそれを稽古相手にふるってしまえば憎しみが連鎖し稽古になりません。そのため、本庄合気会の稽古では『自分を律する心』と『相手を思いやる心』を大切にしています。初心者のうちは怪我をしないようにやさしく心・技・体を鍛えていきます。上級者になれば危ない技でも怪我の無いように稽古することができます。みなさんもすぐにできるように私たちが先導しますので、どうぞご安心ください。

 合気道の世界ではスポーツのように対等な条件ということは想定にありません。相手は自分よりも大きかったり、数が多かったりするかもしれません。ありとあらゆる武器を持っていることも考えられ、背後から不意に襲ってくる可能性だってあります。どのような条件下でも【自分の命】や【大切なもの】を守り抜くを鍛えるのが合気道という武道です。

合気道を動画で見る