護身術としての合気道

 

 合気道は護身術たり得るのか?と言う疑問は往々にして皆さんが持つと思います。結論から申し上げますと合気道は護身術としてたり得ます。もちろんしっかりとした修行をすればという注釈は突きますが、大人の方でしたら色帯を身につけられるようになれば日常で出会う大抵の危機からは身を守れると思います。

 それ以上の修行は個人の志向によると思いますが、開祖レベルまでに合気道を極めれば、『大男を投げ飛ばす』ことや『銃弾を避ける』ことなどもできるようになるかもしれません。開祖が合気道を創られた時代は現代よりも粗野で法整備や警察組織もままならない時代の日本でした。そんな時代で開祖は弟子を増やし合気道を世界レベルの武道へとゼロから育て上げました。

 具体的にどのようにしたら相手を倒すことができるのかは、各道場で教わってください。ただ、合気道と護身の考え方は非常に相性が良いと私は考えます。一例を紹介しますと、合気道は「宇宙(自然)と自己とを氣をもって融合させ、それに逆らう(攻撃や敵意を向ける)相手に勝とうとせずに自然と勝ちを修める武道」であります。その為、何らかの敵意をもって襲って来る相手に対してすこぶる相性が良い武道です。

 一方護身術単体で考えれば、相手を制圧するための武力を持てばいいわけですので、携帯武器を隠し持つのが一番ですね。合気道では武器を全く禁じていません(相手も自分も使用することができます)ので、そういった側面からでも合気道は護身術と相性がとても良いと思います。具体的には合気道には棒術や杖術、剣術なども修行しますので、そこらに落ちている棒きれや清掃用のモップ一つとっても十分な武器になり得ます。

 多くの合気道道場では見学は大丈夫だと思いますので、一度覗いてみても面白いと思います。

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です